腰痛でお悩みの方へ

腰痛によくある症状

  • 腰が痛くて夜中に目が覚めることがある

  • 長時間座っていると腰に痛みが出てくる

  • 腰が痛くて身体を反ることができない

  • 痛みだけではなくしびれも出るようになった

腰痛の改善を諦めていませんか

年齢、性別関係なく多くの方が腰痛に悩まされていると言われています。

中には「腰痛は持病のようなもの」と諦めている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、腰痛の多くの場合「日常生活を見直す」ことで

改善を目指せることも多くあることをご存知でしょうか。

 

こちらでは腰痛について詳しくまとめていますので、

長年の腰痛にお悩みの方はぜひご参考ください。

腰痛改善メニュー Recommend Menu

多くの方を悩ませている「腰痛」の原因について

腰は上半身と下半身を繋ぐ土台部分であり、漢字の通り身体の「要(かなめ)」と言えます。
そのため腰に痛みがあると、日常生活において大きな支障が出てくることが考えられます。

腰痛の適切なケアを行っていくためにも、まずは「腰痛の原因」を知っておくことが大切です。

 

【腰痛の主な原因】

 

腰痛には、病気が原因となって痛みを伴っているものと、レントゲンやMRIなどで異常を認められない「原因不明」とされるものに大きく分けられます。

 

【日常生活が原因となっている場合】

 

医療機関ではっきりと原因を特定できない腰痛は、次のような「日常生活での筋疲労、筋緊張」から起こると考えられています。

 

・姿勢不良

背骨は湾曲があることによって身体を骨格で支え、体重を分散しています。
しかし、背中の丸まった姿勢では背骨の湾曲が消失してしまうため、身体を筋緊張によって支えることになり、その筋疲労によって痛みの症状が現れているという可能性が考えられます。

・長時間の同じ姿勢

デスクワーク、スマホの操作で長時間同じ姿勢でいると、身体が常に緊張した状態になります。
筋緊張によって血流不足を起こし、痛みの原因となる老廃物が身体にたまりやすくなると考えられます。

・ストレス

日常生活でストレスを感じていると、身体が緊張しやすくなるだけではなく、痛みにも敏感になってしまうことがあります。

 

【病気が原因になっている場合】

 

・腰椎椎間板ヘルニア

椎間板が後方に飛び出すことで、背骨を走っている神経(脊髄)を圧迫している状態です。

・腰部脊柱管狭窄症

加齢による背骨の変性で、脊髄を圧迫した状態です。

・腰椎椎間関節症

椎骨と椎骨で形成されている椎間関節が、炎症を起こした状態です。
ぎっくり腰の原因の1つと考えられています。

・脊椎分離症/すべり症

椎骨の一部が分離したり、ずれることによって神経を圧迫した状態です。

 

日常生活で行える腰痛の対処法

腰痛の多くが「日常生活での筋疲労、筋緊張」から起こると考えらえています。

では腰痛を改善していくためには、日常生活においてどのような対策があるのでしょうか。

 

【日常生活で行える対策・予防法】

 

・ストレッチ

ストレッチによって血流を改善することで、痛みの原因となる老廃物の排出を促す効果を期待できます。
また、ストレッチで筋肉をやわらかくすることによって、腰にかかる負担を軽減できると考えられます。
特に腰痛に関しては、「お尻」「股関節」のストレッチが効果的です。

・姿勢の改善

背中の丸まった姿勢では、背骨まわりの筋肉が緊張しやすくなると考えられます。
椅子に座る際は背もたれまで深く座り、背中を伸ばして、骨盤、肩、頭のラインが一直線上に並ぶように意識しましょう。

デスクワークでは、肘が90度に曲がる高さに机や椅子の高さを調整すると、背中が伸ばしやすくなると考えられます。

・長時間同じ姿勢をしない

長時間同じ姿勢をとっていると、姿勢維持のために筋緊張が強くなってしまうと考えられます。
1時間を目安に小休憩をとり、トイレに行く、大きく伸びをする、室内を少し歩き回るなど身体を動かすようにしましょう。

・運動する

運動不足では、筋ポンプ作用が働かないために血流が悪くなり、筋肉も緊張やすくなると考えられます。
急に過度な運動を行うよりも、なるべく毎日歩く習慣をつけることをおすすめします。

・入浴する

ゆっくりと湯船に浸かることで筋肉をゆるめ、全身の血流を改善する効果が期待できます。
また、入浴はリラックス効果も期待でき、腰痛の原因と考えられるストレスの発散にも繋がります。

瑞江駅南口整骨院の【腰痛】アプローチ方法

腰痛とひとくくりにしても原因はさまざまです。
そこで当院では筋肉・関節・靭帯のどこを痛めているのかをしっかり判断し、施術を行っていきます。

痛みが強いときは「アイシング」、特殊な「電気療法」を行うことで痛みの緩和を目指します。

痛みが落ち着いてきたら温めて血流循環の改善を目指し、筋肉・関節などに柔軟性を出すよう促します。

 

【腰痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは、痛みや神経痛に特化した特殊電気施術です。
この特殊電気を使うことで痛みの根本を検査することができます。
痛みの強い時やなかなか取れない痛みなどに対し使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

突起物のついたテープを経穴やツボに貼ることで、持続的に刺激を与え、痛みの緩和を促します。

 

■テーピング

傷ついてしまった筋肉や痛めてしまった関節にテーピングをすることで、筋肉のサポートや関節の固定を目的とします。
また、テーピングをすることで、皮膚を持ち上げ血流循環の促進を目指します。

 

■骨格矯正

手技療法やブロックなどを使い、ゆがんでしまった骨を元の位置に戻すことを目指します。
そうすることで骨にかかる負担を軽減させ、痛みの緩和が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の上には筋膜という膜があります。それが筋肉に癒着してしまうことで痛みや関節の動きに制限が出てしまうことが考えられます。
それを専用の器具(ブレード)を使い筋膜を剥がしていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

足のリンパマッサージです。クリームを足裏~もも裏にかけて、足にたまってしまった老廃物を流していきます。
足がだるい・足が重い・足が浮腫むなどといった症状に効果的です。
また、膝が痛い方や冷え性の方にもおすすめです。

 

■カッピング

丸いカップを使い、皮膚を持ち上げ真空状況にします。循環不良により痛みが出てしまっている方におすすめです。
真空状況にすることで滞った血液を流し、痛みの緩和が期待できます。

 

■猫背矯正

猫背にも種類があります。まずは姿勢をみてどのタイプの猫背かを判断していきます。
手技療法とストレッチを組み合わせ猫背の改善を目指していきます。

 

※なお、骨に問題がある場合は特殊なコルセットなどが必要なこともあるため、その場合は専門の医療機関をご紹介することもあります。

著者 Writer

著者画像
院長:鈴木 詩織(すずき しおり)
誕生日→8月10日
血液型→B型
趣味→フットサル・ボウリング
仲間とワイワイお酒を飲むこと
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:瑞江駅南口整骨院
住所〒132-0011 東京都江戸川区瑞江2-1-22
最寄:都営新宿線 瑞江駅南口 徒歩1分
瑞江駅南口ロータリーを出て右に行くとドンキホーテがあり、そのまま道なりに進むと宝くじ売り場。その横が当院です。
駐車場
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中