ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 顔を洗おうとした際、腰に激痛が走った

  • 腰が痛くて起き上がれない

  • またぎっくり腰を起こさないか不安だ

  • 腰が痛くて前屈ができない

ぎっくり腰の原因を理解して、しっかり予防していきましょう

ぎっくり腰は「魔女の一撃」と例えられるように、突然の激痛に襲われます。

年齢関係なく発生しますので、若い方も注意が必要です。

 

こちらではぎっくり腰の原因と予防法について詳しくまとめてあります。

ぎっくり腰がくせになっている方、予防されたい方はぜひご参考ください。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

ぎっくり腰の原因と症状について

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛」と呼ばれ、その場から動けなくなるほどの激痛に突然襲われます。

一度経験された方なら、もう2度と再発はさせたくないものではないでしょうか。

 

ぎっくり腰への適切な予防を行っていくために、まずは「なぜぎっくり腰が起こるのか」の原因について確認していきましょう。

 

 

【ぎっくり腰の原因】

 

ぎっくり腰になる原因は明確にはわかっていない、とされています。
身体がどのような状態になっているのかもはっきりとは分かっていないのです。
しかし、「関節」「筋肉」の問題からぎっくり腰が起こるのではないかと考えられています。

 

【関節からくる場合】

 

背骨へ急激な負荷が加わることで、椎間関節に炎症を起こした「腰椎椎間関節症」は、ぎっくり腰の原因の1つだと考えられています。
また、背骨まわりの靭帯を損傷した場合も、ぎっくり腰の症状がみられることがあります。

 

【筋肉からくる場合】

 

日常生活での「筋疲労の蓄積」によって、ぎっくり腰を起こしてしまうとも考えられています。
腰まわりに筋疲労が蓄積する要因としては、次のようなことが挙げられます。

・姿勢不良

背骨は本来、首と腰の部分が湾曲(前弯)していることで、身体の重さを分散しているとされています。
そのため背中の丸まった「猫背姿勢」では背骨の湾曲が消失してしまうことで、腰まわりにかかる負担が増えてしまうことが考えられます。

・長時間の同じ姿勢

長時間同じ姿勢でいると、筋ポンプ作用が働かないために循環が悪くなり、疲労物質が腰に蓄積しやすくなります。

・運動不足

運動不足の場合も、筋ポンプ作用が働かないために血流不足を起こし、老廃物、疲労物質がたまりやすくなります。

・スポーツ、仕事での身体の使いすぎ

スポーツや仕事で筋肉を酷使している場合は回復が追いつかず、腰まわりに疲労が蓄積しやすいと言えます。

 

【ぎっくり腰の症状】

 

突然の激痛に襲われ、その場から動けなくなることもあります。

発症から3日ほどは強い痛みがみられますが、その後は徐々に痛みは引いてきて、1週間から数週間で痛みが自然と消えてくるというケースが多くなっています。

日常生活でできるぎっくり腰の予防法

ぎっくり腰の予防には「筋疲労を蓄積させないこと」「腰になるべく負担をかけないこと」が大切になってきます。

それでは、ぎっくり腰を予防するために、日常生活でどのような対策を行うことが良いのでしょうか。

 

【ぎっくり腰の予防法】

 

・ストレッチ

ストレッチによって血流を改善していくことで、疲労物質の排出を促すことを期待できます。
また、筋肉を伸ばして柔軟性をつけることでも腰にかかる負担の軽減が期待できます。

腰の動きと深く関与する「お尻」「股関節」のストレッチがぎっくり腰の予防として効果的です。

 

・入浴

ゆっくり湯船に浸かることで血流の改善を図れ、疲労物質の排出を促すことが期待できます。
また、入浴にはリラックス効果もありますので、ストレスの発散にも繋がります。
※ストレスを感じると身体が緊張しやすくなり、痛みにも敏感になると言われています。

・適度な運動

ウォーキング、水泳、サイクリングなど日常的に運動しておくことで、全身の血流をよくしておくことが大切です。
また、運動によって気分転換もできますので、ストレス発散の効果も期待できます。

・姿勢の改善

背中の丸まった姿勢では、背中から腰にかけて緊張しやすくなります。
普段より姿勢を意識して、猫背にならないように気をつけましょう。
こまめに鏡をみてチェックすることも大切です。

・長時間同じ姿勢を取らない

長時間身体を動かさないと血流が悪くなり、姿勢維持のために筋緊張を起こしやすいと考えられます。
時間を決めて休憩を入れ、こまめに身体を動かすようにしましょう。

・クールダウンをする

運動後にはクールダウンをしっかり行うことで、疲労回復効果の期待ができます。

瑞江駅南口整骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

ぎっくり腰の改善を目指すためにも、筋肉・関節・靭帯のどこを痛めてしまっているのかをしっかりと判断することが大切だと考えています。

症状が起こったその時の状況が悪いわけではなく、日常生活に原因がある可能性が高いと考えられます。

姿勢の悪さや筋肉が弱くて起こってしまった痛みに対しては、「楽トレ」を行って、根本的な改善を目指します。

 

【ぎっくり腰に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは、痛みや神経痛に特化した特殊電気施術です。
この特殊電気を使うことで痛みの根本を検査することができます。
痛みの強い時やなかなか取れない痛みなどに対し使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

突起物のついたテープを経穴やツボに貼ることで、持続的に刺激を与え、痛みの緩和を促します。

 

■テーピング

傷ついてしまった筋肉や痛めてしまった関節にテーピングをすることで、筋肉のサポートや関節の固定を目的とします。
また、テーピングをすることで、皮膚を持ち上げ血流循環の促進を目指します。

 

■骨格矯正

手技療法やブロックなどを使い、ゆがんでしまった骨を元の位置に戻すことを目指します。
そうすることで骨にかかる負担を軽減させ、痛みの緩和が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の上には筋膜という膜があります。
それが筋肉に癒着してしまうことで痛みや関節の動きに制限が出てしまうことが考えられます。
それを専用の器具(ブレード)を使い筋膜を剥がしていきます。

 

■カッピング

丸いカップを使い、皮膚を持ち上げ真空状況にします。循環不良により痛みが出てしまっている方におすすめです。
真空状況にすることで滞った血液を流し、痛みの緩和が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:鈴木 詩織(すずき しおり)
誕生日→8月10日
血液型→B型
趣味→フットサル・ボウリング
仲間とワイワイお酒を飲むこと
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:瑞江駅南口整骨院
住所〒132-0011 東京都江戸川区瑞江2-1-22
最寄:都営新宿線 瑞江駅南口 徒歩1分
瑞江駅南口ロータリーを出て右に行くとドンキホーテがあり、そのまま道なりに進むと宝くじ売り場。その横が当院です。
駐車場
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中