四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 肩を動かすと激しい痛みがある

  • 肩が上がらないために髪をうまく洗えない

  • 夜中に肩が痛くて目が覚める

  • 痛みで腕を後ろに引くことができない

肩の強い痛みが生じる四十肩・五十肩

強い痛みで肩が動かなくなったり痛みで夜中に目が覚めたりと、

四十肩・五十肩の症状でお悩みの方は

その名の通り中年から高齢の方にかけて多くみられます。

 

こちらでは、四十肩・五十肩をテーマとして、

原因や症状、対処法について詳しくまとめてあります。

 

四十肩・五十肩は時期によって対処法が変わってきますので、

適切なケアを行うためにもぜひ最後まで目を通してみてください。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩の原因、症状について

四十肩・五十肩は正式名称を「肩関節周囲炎」と呼び、肩まわりの組織(筋肉、腱、靭帯、関節包)が炎症を起こしている状態を言います。
痛みは非常に強く、日常生活に支障が出てくるケースも多くみられます。

こちらでは、四十肩・五十肩への適切なケアを行っていくためにも、

「なぜ肩まわりに炎症が起こるのか?」
「どのような症状がみられるのか?」

といったことについて、詳しく確認していきましょう。

 

【四十肩・五十肩の原因】

 

結論から言いますと、肩まわりに炎症を起こす原因は現在のところ分かっていません。
しかし、肩周辺の「血流不足」「柔軟性の低下」が炎症を起こす原因になっているのではないかと考えられています。

・長時間の同じ姿勢

デスクワークやスマホの操作で長時間同じ姿勢をとっていると、肩まわりが緊張してきます。
筋緊張によって血流不足を起こすと、組織の修復に必要な栄養素がいき渡らず、炎症を起こしてしまうことが考えられます。
(腕をぶら下げているだけでも組織にはストレスがかかっており、日々損傷が蓄積していると考えられます)

・肩の巻き込み

猫背で肩の巻き込みがあると、関節に捻れが生じていることになります。
捻れが肩関節のストレスとなり、周辺の組織を損傷しやすくなることが考えられます。

・外傷後の筋力低下

外傷後に肩まわりの柔軟性、筋力が低下していると関節を支える力が弱くなり、組織にも負担がかかりやすいことが考えられます。

 

【四十肩・五十肩の症状】

 

四十肩・五十肩の特徴的な症状としては、夜中に痛みが強くなる「夜間痛」「可動域制限(肩の挙上、外転、内旋、外旋)」が挙げられます。

 

【肩こりとの違い】

 

肩こりは筋緊張による「老廃物の蓄積」が原因として考えられ、症状が悪化すると痛みを生じるケースもみられます。
しかし、肩こりには四十肩・五十肩にある「夜間痛」「可動域制限」といった症状はみられません。

 

四十肩・五十肩は時期に合わせたケアが大切です

四十肩・五十肩の症状は「急性期」「慢性期」「回復期」の3つの時期に分けられます。

時期によって対処法も変わってきますので、こちらで詳しく確認していきましょう。

 

【急性期】

 

炎症が強く出てくる時期になります。
湿布を貼ったり、アイスパックで冷やすことで炎症を抑えることが大切です。(冷やしすぎにはご注意ください)
組織の損傷を広げないように安静にし、痛みがある動作はなるべく避けるようにしましょう。

 

【慢性期】

 

慢性期に入りますと、鈍い痛み、突っ張ったような痛みに変わってきます。
可動域制限が出てくることもありますが、痛みのない範囲でなるべく動かしていくことが大切です。(動かさないと余計固まってくるためです)

お風呂上がりの身体が温まっているタイミングで、ストレッチや軽い体操を行っていきましょう。

 

【回復期】

 

回復期に入りますと痛みは徐々に取れてきますが、動かした際のツッパリ感はしばらく残る可能性があります。
その場合も引き続き、根気強くストレッチや体操を続けていきましょう。

 

【日常的に行える予防法】

 

四十肩・五十肩を予防するためには、日頃より肩まわりの柔軟性を高め、血流をよくしておくことが大切です。

・タオルを使った肩甲骨のストレッチ

肩幅より少し広めにタオルを順手(手の甲を上にした持ち方)で持ち、バンザイする形で両手を挙げます。
バンザイした状態で鼻から3秒間息を吸い、息をゆっくりと吐きながらタオルを頭の後ろを通過する形で下ろしていきます。(脇を締めていく感じです)
タオルを限界まで下ろした際に、肩甲骨まわりがストレッチされる感覚があるはずです。

こちらのストレッチで、肩甲骨が後ろにひきやすくなりますので、巻き肩(猫背)の改善にも効果的です。

お風呂上がり、仕事の休憩時間など日頃から肩甲骨のストレッチで肩まわりを柔らかくしておきましょう。

瑞江駅南口整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

四十肩・五十肩でお悩みの方の多くは、肩まわりの筋肉が硬くなることで肩の動きを制限したり、痛みが伴ったりする場合が多くみられます。

改善のためには、肩甲骨の動きも重要です!

施術は主に、「ハイボルト療法」を使って深部の部分までアプローチしていきます。

痛みの強い方、痛みを繰り返している方も、ぜひお早めにご相談ください。

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは、痛みや神経痛に特化した特殊電気施術です。
この特殊電気を使うことで痛みの根本を検査することができます。
痛みの強い時やなかなかとれない痛みなどに対し使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

突起物のついたテープを経穴やツボに貼ることで、持続的に刺激を与え、痛みの緩和を促します。

 

■テーピング

傷ついてしまった筋肉や痛めてしまった関節にテーピングをすることで、筋肉のサポートや関節の固定を目的とします。
また、テーピングをすることで、皮膚を持ち上げ血流循環の促進を目指します。

 

■骨格矯正

手技療法やブロックなどを使い、ゆがんでしまった骨を元の位置に戻すことを目指します。
そうすることで骨にかかる負担を軽減させ、痛みの緩和が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の上には筋膜という膜があります。それが筋肉に癒着してしまうことで痛みや関節の動きに制限が出てしまうことが考えられます。
それを専用の器具(ブレード)を使い筋膜を剥がしていきます。

 

■カッピング

丸いカップを使い、皮膚を持ち上げ真空状況にします。循環不良により痛みが出てしまっている方におすすめです。
真空状況にすることで滞った血液を流し、痛みの緩和が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:鈴木 詩織(すずき しおり)
誕生日→8月10日
血液型→B型
趣味→フットサル・ボウリング
仲間とワイワイお酒を飲むこと
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:瑞江駅南口整骨院
住所〒132-0011 東京都江戸川区瑞江2-1-22
最寄:都営新宿線 瑞江駅南口 徒歩1分
瑞江駅南口ロータリーを出て右に行くとドンキホーテがあり、そのまま道なりに進むと宝くじ売り場。その横が当院です。
駐車場
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中