打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • サッカーで相手選手と衝突し、太ももを強打
    した

  • 段差につまずき転倒し、膝をぶつけてしまった

  • すねをぶつけた後、紫色に腫れてきた

  • 腫れがひどく、骨折ではないかと不安になってきた

打撲は軽視せずにきちんとした処置をしましょう

打撲は打ち身とも呼ばれ、日常生活でも多く発生するケガになります。

皆さまも一度は打撲をされたことがあるのではないでしょうか。

 

こちらでは「打撲の症状、原因」「適切な対処法」について詳しくまとめてあります。

軽視できない、注意が必要な打撲についてもご紹介していますので、

ぜひご確認ください。

打撲改善メニュー Recommend Menu

打撲にみられる症状と原因について

打撲は鈍的な外力によって皮下組織(筋肉、腱、血管など)を損傷したケガになります。

日常生活でも多くみられるケガになりますので、甘くみられがちかもしれません。
しかし、打撲の中には軽視できないケースもありますので注意が必要です。

こちらでは、「打撲の症状と原因」、そして「注意が必要な打撲」についてご紹介してきます。

 

 

【打撲の症状】

 

・疼痛

患部に鈍痛がみられます。
強い外力によって筋繊維が損傷しているケース(挫傷)では、運動制限がみられる場合もあります。

・腫脹

血管の損傷によって内出血を起こし、患部が腫れてきます。
受傷直後は何も感じなくても、時間の経過とともに腫脹と疼痛があらわれてくるケースが多くみられます。

 

また、腫脹がひどくなってきますと神経や血管が圧迫され、痛みや運動制限が増長してくる可能性もあります。

 

【打撲の主な原因】

 

スポーツ時の激しい接触、転倒、転落などで発生しやすいとされています。

・ラグビーで相手選手と激しく接触し、肩を強打した
・体操の着地に失敗して、お尻を強く床にぶつけた
・野球のデットボール
など。

また、スポーツ以外でも、日常生活や仕事での転倒、転落でも発生しやすいと考えられます。

・風呂場で滑って転倒し、膝を強打した
・建築現場での資材の落下によって、肩を強打した
・タンスの角に足の指を強くぶつけた
など。

 

【注意が必要な打撲】

 

打撲は日常生活でも身近なケガであるために、軽視されがちですが危険な打撲もあります。
次のようなケースでは、必ず医療機関に行くようにしてください。

・頭部の打撲

頭を強くぶつけ、意識障害や記憶障害がみられる場合は脳が損傷している可能性があります。

・腹部の打撲

腹部を強打したあと、強い痛みが出るようであれば、内臓を損傷している可能性があります。

・骨折

通常の打撲と比較して明らかに内出血量が多く、疼痛が激しい場合は、皮下組織の損傷だけではなく骨折している可能性があります。

打撲が起きた際の対処法について

 

スポーツ現場、日常生活において打撲してしまった場合はどのように対処することが適切なのでしょうか。

こちらで詳しく確認していきましょう。

 

【RICE処置】

・Rest(安静)

損傷や炎症が悪化しないように、患部を安静にします。
挫傷や関節付近の打撲であれば、包帯やテーピングによって患部を固定する場合もあります。

・Icing(冷却)

炎症と腫脹を抑えるために、患部を冷却します。
氷水やアイスパック、保冷剤を患部に感覚がなくなるまで当てます。(冷やしすぎを防ぐためタオル越しで行います)
感覚がなくなったら一旦離し、また痛みが出始めたら感覚がなくなるまで冷却する…を繰り返してください。
凍傷を起こさないよう、冷やしすぎには注意しましょう。

・Compression(圧迫)

腫脹を抑えるために、患部をバンテージ、包帯、テーピングなどで圧迫します。
循環不全を起こす可能性がありますので、強く締めすぎないように注意しましょう。

・Elevation(挙上)

腫脹が末端部分にたまらないように、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

【テーピング】

 

テーピングは患部の圧迫、安静(固定)によって打撲の早期回復を図ることが期待できます。
また、テーピングには筋肉の動きをサポートすることでのケガの予防効果も期待できます。

テーピングを適切に巻くためには、整骨院・接骨院など専門家に相談することをおすすめします。

 

瑞江駅南口整骨院の【打撲】アプローチ方法

初期症状の場合は「アイシング」「テーピング」で処置を行います。

場合によって包帯で固定することもあります。

良くなってきたら温めて組織の回復を促します。

痛みの強い場合には「ハイボルト療法」によって痛みの改善を目指す施術を行います。

急性のケガの場合、保険が使える場合もございますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷といった、ケガに対して保険が使えます。
なお、慢性疾患やリラクゼーション目的の場合は保険外施術となります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは、痛みや神経痛に特化した特殊電気施術です。
この特殊電気を使うことで痛みの根本を検査することができます。
痛みの強い時やなかなか取れない痛みなどに対し使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

突起物のついたテープを経穴やツボに貼ることで、持続的に刺激を与え、痛みの緩和を促します。

 

■テーピング

傷ついてしまった筋肉や痛めてしまった関節にテーピングをすることで、筋肉のサポートや関節の固定を目的とします。
また、テーピングをすることで、皮膚を持ち上げ血流循環の促進を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の上には筋膜という膜があります。それが筋肉に癒着してしまうことで痛みや関節の動きに制限が出てしまうことが考えられます。
それを専用の器具(ブレード)を使い筋膜を剥がしていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:鈴木 詩織(すずき しおり)
誕生日→8月10日
血液型→B型
趣味→フットサル・ボウリング
仲間とワイワイお酒を飲むこと
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:瑞江駅南口整骨院
住所〒132-0011 東京都江戸川区瑞江2-1-22
最寄:都営新宿線 瑞江駅南口 徒歩1分
瑞江駅南口ロータリーを出て右に行くとドンキホーテがあり、そのまま道なりに進むと宝くじ売り場。その横が当院です。
駐車場
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中