膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 歩きはじめに膝のこわばりが
    ある

  • 膝に水がたまりやすい

  • 膝が痛くて正座ができない

  • スポーツで膝を痛めてしまった

なかなか改善しない膝の痛み

膝の痛みは特に女性に多くみられる症状になります。

中高年だけではなく、若い方でもスポーツによって

発生する可能性があるので注意が必要です。

 

こちらでは「膝の痛み」について詳しくまとめてありますので、

ぜひご参考ください。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝が痛くなる原因について

膝は体重を支える重要な関節になります。
したがって、膝に痛みがあることで、「立つ」「歩く」といった日常動作に大きな支障が出てくることが考えられます。

しっかりと症状を緩和するための対策を行い、合わせて痛みが悪化しないように予防をしていきましょう。

膝の痛みへの適切なケアを行っていくためにも、こちらでは「なぜ膝が痛くなるのか」といった原因について詳しくご紹介します。

 

【膝の痛みの原因】

 

・変形性膝関節症(関節軟骨のすり減り)

関節軟骨がすり減り、骨同士が直接ぶつかり合うことによって関節内に炎症を生じたものを「変形性膝関節症」と呼びます。
長年の使用に加えて、加齢によって軟骨の弾力が失われていくことから、「中高年」に発症しやすいと言われています。

また、関節を支える筋力が弱く膝に負担がかかりやすいことから、男性より女性の方が変形性膝関節症になりやすいと考えられます。

・関節リウマチ

自己免疫系の病気の1つで、関節に炎症を起こす病気になります。
手や足の指といった小さな関節に起こりやすいのですが、症状が悪化すると膝関節にまで炎症が及ぶことがあります。

関節リウマチは中年から高齢の女性に発症しやすいと言われています。

・外傷による痛み(半月板損傷、膝関節靭帯損傷)

膝関節を支えている半月板、膝関節靭帯を損傷した場合も膝の痛みに繋がることがあります。
スポーツ現場はもちろん、「段差の踏み外し」「高所からの転落」など日常生活においても、膝に強い外力が加わった際に発症することがあります。

スポーツをされている方なら誰でも発生する可能性はありますが、特に激しい動きをする若年層のスポーツ選手に発生しやすい傾向があります。

日常でできる膝の痛み対策・予防法

日常生活やスポーツにおいて膝に痛みが生じた場合はどのような対処を行っていけば良いのでしょうか。

痛みを悪化させないための予防法も合わせてご紹介いたします。

 

【変形性膝関節症の対策】

 

痛みと熱感が強い場合は無理に動かさず、患部を冷却して炎症を抑えていくことが大切です。
袋に入れた氷水やアイスパックを使用し、タオル越しに患部を冷やすようにしましょう。(冷やしすぎにはご注意ください)

しかし、痛みがあるからといって安静にしすぎると、関節の潤滑が悪くなっていくことが考えられます。
椅子に座った状態で膝を曲げ伸ばしして、できる範囲で関節は動かすようにしましょう。(無理はしないようにしてください)

また、変形性膝関節症の悪化を予防するには内もものトレーニングが効果的です。
(外側荷重になっていると膝の内側の負担が増えるためです)
椅子に座った状態で枕やクッションを膝の間に挟み、両膝でぎゅっと潰すトレーニングを行うことで内ももを鍛えることができます。

 

【関節リウマチの対策】

 

関節リウマチは自己免疫疾系の病気になりますので、薬によって炎症を抑えていくことが大切になってきます。
「朝の手のこわばり」「発熱」「関節の腫れ」といったリウマチの初期症状がみられる場合、早い段階で医療機関へ行くことをおすすめします。

薬で炎症を抑えつつ、膝や足首の曲げ伸ばし体操やストレッチを行い関節がこわばらないようにしましょう。

 

 

【半月板、靭帯損傷の対策】

 

包帯やサポーターによって2〜3週間を目安に関節を安静にし、保存的に回復を目指していきます。
安静後は痛みや腫れの具合をみながら、徐々にストレッチや簡単な体操で膝を動かしていきましょう。

膝のケガ後は変形性膝関節症になるリスクが高まることが考えられます。
特に中高年の方はリハビリとして、スクワットや上記の内もものトレーニングを行うことで、膝まわりの筋肉を鍛えておくことをおすすめします。

 

瑞江駅南口整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

膝のどこに痛みがあるのか、筋肉が弱くなってないか、歩き方はどうかなど、全体をみて施術を行っていきます。

普段の姿勢や身体のゆがみ、日常の動きのくせが原因となって起こっている痛みの可能性もあるので、「骨格矯正」によって姿勢改善もしていきます。

患者さんの状態によって施術の内容を変えていきますので、しっかりとカウンセリングをさせていただきます。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは、痛みや神経痛に特化した特殊電気施術です。この特殊電気を使うことで痛みの根本を検査することができます。
痛みの強い時やなかなか取れない痛みなどに対し使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

突起物のついたテープを経穴やツボに貼ることで、持続的に刺激を与え、痛みの緩和を促します。

 

■テーピング

傷ついてしまった筋肉や痛めてしまった関節にテーピングをすることで、筋肉のサポートや関節の固定を目的とします。また、テーピングをすることで、皮膚を持ち上げ血流循環の促進を目指します。

 

■骨格矯正

手技療法やブロックなどを使い、ゆがんでしまった骨を元の位置に戻すことを目指します。
そうすることで骨にかかる負担を軽減させ、痛みの緩和が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の上には筋膜という膜があります。それが筋肉に癒着してしまうことで痛みや関節の動きに制限が出てしまうことが考えられます。
それを専用の器具(ブレード)を使い筋膜を剥がしていきます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

頭痛や眼精疲労の改善に特化した施術です。自律神経を調整し、頭・目・頚をほぐしていきます。

 

■カッピング

丸いカップを使い、皮膚を持ち上げ真空状況にします。循環不良により痛みが出てしまっている方におすすめです。
真空状況にすることで滞った血液を流し、痛みの緩和が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:鈴木 詩織(すずき しおり)
誕生日→8月10日
血液型→B型
趣味→フットサル・ボウリング
仲間とワイワイお酒を飲むこと
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:瑞江駅南口整骨院
住所〒132-0011 東京都江戸川区瑞江2-1-22
最寄:都営新宿線 瑞江駅南口 徒歩1分
瑞江駅南口ロータリーを出て右に行くとドンキホーテがあり、そのまま道なりに進むと宝くじ売り場。その横が当院です。
駐車場
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中