スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • 投球練習中に
    肘を痛めた

  • ジャンプの着地に失敗して足首を強く捻って
    しまった

  • 相手選手と衝突し、膝を強くぶつけてしまった

  • 走り込み中に
    すねの骨が
    痛んだ

スポーツによるケガをしっかり予防していきましょう

スポーツの現場では、どれだけ注意をしていてもケガをしてしまうことがあります。

しかし、ケガの種類によっては、日常生活で十分に予防できる場合もあります。

 

こちらでは、スポーツによるケガをメインとして、

ケガの種類対処法予防法について詳しくまとめてあります。

 

スポーツをされている方は、是非ご参考ください。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

スポーツ外傷とスポーツ障害について

スポーツのケガは「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2種類に分類され、原因や症状も変わってきます。

適切な処置、予防を行っていくためにも、まずは「スポーツで発生するケガにはどのような種類があるのか」をこちらで確認していきましょう。

 

【スポーツ外傷】

 

スポーツ外傷は「ダッシュ時に肉離れをした」「転倒した際に肩を打撲した」といったように、一度の大きな外力によって発生したケガになります。

「これでケガをした」という原因がはっきりとしているものです。

スポーツ外傷で起こるケガとしては、骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、打撲、腱断裂、神経損傷、血管損傷などが挙げられます。
スポーツ外傷が起こる原因としては、相手選手との衝突、転倒、高所からの転落などが考えられます。

 

【スポーツ障害】

 

スポーツ障害は、スポーツ動作の繰り返しによって痛みを生じたものになります。
微細な損傷が蓄積されたもので、外傷とは違い、ケガをした原因がはっきりとはわからないことが特徴です。

スポーツ障害で主に発生するケガには次のことが挙げられます。

・テニス肘

テニスのスイング動作の繰り返しによって肘に痛みが生じたものです。
中高年の女性に発生しやすいとされています。

・野球肘、野球肩

投球動作の繰り返しによって、肘、肩に痛みを生じたものになります。
まだ骨や筋肉が成長しきっていない、子どもに生じやすいとされています。

 

【スポーツ障害を起こす主な原因】

 

・オーバーユース(overuse)

同じ動作を過度に繰り返す「使いすぎ」のことを言います。

・ミスユース(misuse)

身体に負担のかかる間違ったフォームで運動を繰り返すことを言います。

・ディスユース(disuse)

ウォーミングアップ不足で運動を開始し、身体が準備できていない状態で運動することを言います。

スポーツ外傷(障害)は、その名の通りスポーツ時に発生しやすいですが、日常生活における「転倒」「転落」「仕事や家事による動作の繰り返し」によって発生する可能性もあります。

スポーツ現場でケガをしてしまった際の対処法

スポーツ現場でケガをしてしまった場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

日常生活でできるケガの予防法と合わせてご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、打撲といった急性の外傷には、早急な「RICE処置」が大切です。

Rest(安静):患部を安静にし、損傷が悪化しないようにします。
場合によっては、患部が動かないよう包帯によって固定することもあります。

Icing(冷却):炎症、腫脹を抑えるために、患部を冷却します。
氷袋やアイスパック、保冷剤を使用し、タオル越しに当てて冷やすようにします。
感覚がなくなるまで冷やす→感覚、痛みが戻るまで離す→痛みが出てきたら再度冷やす・・・を繰り返していきます。
凍傷のリスクがありますので、冷やしすぎにはご注意ください。

Compression(圧迫):腫脹が広がらないように、バンテージや包帯で患部を圧迫します。

Elevation(挙上):腫脹が末端部分にたまらないように、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

【日常でできるケガの予防法】

 

・ウォーミングアップをしっかり行う

身体が硬い状態で運動を始めると、筋肉や靭帯に負担がかかりやすくなると考えられます。
運動前はストレッチ、準備体操を行うようにしましょう。

・運動後はクールダウンを行う

運動後にしっかりとクールダウンを行うことで、筋緊張の原因となる疲労物質が排出されやすくなると考えられます。

・日頃からストレッチで筋肉を柔らかくしておく

運動前だけではなく、日頃からストレッチで筋肉の柔軟性をつけておくことでケガの予防になります。

・テーピング

テーピングで関節を保護しておくことで、捻挫や脱臼の予防になります。

・フォームの見直し

同じ箇所に痛みが繰り返して出るようであれば、フォームが間違っている可能性があります。
先輩やコーチ、または整骨院・接骨院に相談し、負担の少ないフォームを身につけるよう工夫してみましょう。

瑞江駅南口整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

スポーツによるケガは、運動前のストレッチ・運動後のストレッチ不足が原因で起こることが多くみられます。

スポーツでケガをしてしまうとパフォーマンスが低下します。

痛みの除去やケガの改善を目指すだけでなく、ケガをする前の状態、もしくはさらによい状態までもっていくことが重要です。

ストレッチをして柔軟性を出すことや、トレーニングを行って、ケガをしない身体づくりが大切になってきます。

そのため、ストレッチの方法や、身体の使い方などに関してもアドバイスをさせていただく場合もあります。

スポーツ復帰に向けて気になることや、不安に思うことなどがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷といった、ケガに対して保険が使えます。
なお、慢性疾患やリラクゼーション目的の場合は保険外施術となります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは、痛みや神経痛に特化した特殊電気施術です。この特殊電気を使うことで痛みの根本を検査することができます。痛みの強い時やなかなか取れない痛みなどに対し使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

突起物のついたテープを経穴やツボに貼ることで、持続的に刺激を与え、痛みの緩和を促します。

 

■テーピング

傷ついてしまった筋肉や痛めてしまった関節にテーピングをすることで、筋肉のサポートや関節の固定を目的とします。
また、テーピングをすることで、皮膚を持ち上げ血流循環の促進を目指します。

 

■骨格矯正

手技療法やブロックなどを使い、ゆがんでしまった骨を元の位置に戻すことを目指します。
そうすることで骨にかかる負担を軽減させ、痛みの緩和が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の上には筋膜という膜があります。それが筋肉に癒着してしまうことで痛みや関節の動きに制限が出てしまうことが考えられます。
それを専用の器具(ブレード)を使い筋膜を剥がしていきます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

頭痛や眼精疲労の改善に特化した施術です。自律神経を調整し、頭・目・頚をほぐしていきます。

 

【DPL】

足のリンパマッサージです。クリームを足裏~もも裏にかけて、足にたまってしまった老廃物を流していきます。足がだるい・足が重い・足が浮腫むなどといった症状に効果的です。
また、膝が痛い方や冷え性の方にもおすすめです。

著者 Writer

著者画像
院長:鈴木 詩織(すずき しおり)
誕生日→8月10日
血液型→B型
趣味→フットサル・ボウリング
仲間とワイワイお酒を飲むこと
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:瑞江駅南口整骨院
住所〒132-0011 東京都江戸川区瑞江2-1-22
最寄:都営新宿線 瑞江駅南口 徒歩1分
瑞江駅南口ロータリーを出て右に行くとドンキホーテがあり、そのまま道なりに進むと宝くじ売り場。その横が当院です。
駐車場
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中