肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • 運動中ふくらはぎが痛み、歩けなくなった

  • 肉離れを早く
    回復させたい

  • 転倒を防ごうと踏ん張った際に太ももを痛めた

  • 肉離れがくせになっている

肉離れはスポーツで発生しやすいケガになります

肉離れはスポーツ(サッカー、バスケットなど)で発生しやすいケガになります。

 

痛みの強い場合が多く、再発しないためにも

しっかりと予防しておきたいケガではないでしょうか。

 

こちらでは「肉離れの原因、症状」「早期回復のための対処法」について

詳しくまとめています。

特にスポーツをされている方は、ぜひご参考ください。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

肉離れの原因や症状について

肉離れはスポーツ現場はもちろん、日常生活においても瞬発的な動きをした際に発生することがあります。

適切な肉離れの処置、予防を行っていくためにも、こちらで「肉離れの症状、原因」について詳しくみていきましょう。

 

【肉離れについて】

 

肉離れは、筋繊維が断裂したケガになります。

スポーツの現場で多く発生し、ダッシュやジャンプ、フェイント動作など筋肉が瞬発的に収縮する際に筋繊維が切れやすくなり発生します。

太もも裏(ハムストリングス)、太もも前(大腿四頭筋)、ふくらはぎ(下腿三頭筋)といった足の筋肉に発生しやすいと言われています。

 

 

【肉離れの症状】

 

疼痛:鋭い痛みがあり、下肢を肉離れをした場合は歩けなくなることもあります。
腫脹:内出血によって患部は腫れてきます。
圧痛:筋繊維が損傷した部位に圧痛がみられます。症状が重い場合は陥凹を触れることもあります。
機能障害:損傷した筋肉が延ばされると痛みが出ますので、動きに制限が出てきます。

ふくらはぎの中でもアキレス腱に近い部分に圧痛があり、「歩けるけどつま先立ちができない」場合は、アキレス腱断裂の可能性も考えられます。

 

【肉離れの主な原因】

 

・水分不足

身体の水分量が少ないと筋肉の柔軟性がなくなり、肉離れを起こしやすくなると考えられます。
夏場の発汗はもちろん、飲酒も利尿作用があるために身体が脱水状態になりやすいと言えます。

・身体の冷え

身体が冷えていると筋肉が硬くなり、筋繊維が切れやすくなると考えられます。
冬場の足がつっている時も、筋肉が強く収縮しているために肉離れを起こしやすいと言えます。

・準備運動不足

ウォーミングアップ不足だと筋肉が硬いままで運動を始めることになり、肉離れを起こしやすくなると考えられます。

 

肉離れを起こしたら早めの対処が大切です

日常生活、スポーツ現場において肉離れが疑われる場合、どのように対処していくことが良いのでしょうか。

肉離れは対処が遅れるほど回復に時間がかかるだけではなく、硬いしこり(瘢痕組織)が形成されることで肉離れを繰り返しやすくなると考えられます。

 

こちらでは、早期回復のための「RICE処置」「日常でできる肉離れ予防法」をご紹介していきます。

 

【RICE処置】

Rest(安静):筋繊維の損傷が広がらないよう、患部を安静にします。
損傷の程度によっては、包帯やテーピングで関節を固定する場合もあります。

Icing(冷却):腫脹が悪化しないように患部を冷却します。
氷水やアイスパック、保冷剤などを使用し、タオル越しに患部に当てるようにします。(冷やしすぎにはご注意ください)

Compression(圧迫):腫脹が広がらないように、バンテージや包帯で患部を圧迫します。

Elevation(挙上):腫脹が末端部分にたまらないよう、患部を心臓より高い位置に挙上します。

損傷の程度にもよりますが、肉離れが回復するまでには大体3〜4週間かかると言われています。
「RICE処置」はもちろん、早い段階で整骨院・接骨院によって正しい処置・施術を受けることによって、肉離れの早期回復を期待できます。

 

【肉離れの予防法】

 

・ウォーミングアップ、クールダウンを行う

筋肉が硬い状態で運動をすると、筋繊維を痛めやすくなると考えられます。
ストレッチ、準備体操などしっかりとウォーミングアップを行いましょう。

また運動後にもクールダウンを行うことで、筋肉の疲労回復を期待できます。

・水分補給する

身体が脱水状態になっていると筋肉が硬くなるために、肉離れを起こしやすくなると考えられます。
こまめな水分補給を心がけることも、十分な予防方法となります。

瑞江駅南口整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

肉離れはその症状の度合いに程度があります。

当院では、その筋肉の損傷度合いに応じて施術を行っていきます。

症状がひどい場合は整形外科にご紹介することもあります。

 

基本は「アイシング」と痛めてしまった部位の「固定」です。

「ハイボルト療法」などを使って早期の痛みの解消に努めます。

症状が良くなってきたら、硬くなった筋肉をほぐすようにケアしていきます。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷といった、ケガに対して保険が使えます。
なお、慢性疾患やリラクゼーション目的の場合は保険外施術となります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法とは、痛みや神経痛に特化した特殊電気施術です。
この特殊電気を使うことで痛みの根本を検査することができます。
痛みの強い時やなかなか取れない痛みなどに対し使用します。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

突起物のついたテープを経穴やツボに貼ることで、持続的に刺激を与え、痛みの緩和を促します。

 

■テーピング

傷ついてしまった筋肉や痛めてしまった関節にテーピングをすることで、筋肉のサポートや関節の固定を目的とします。
また、テーピングをすることで、皮膚を持ち上げ血流循環の促進を目指します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の上には筋膜という膜があります。それが筋肉に癒着してしまうことで痛みや関節の動きに制限が出てしまうことが考えられます。
それを専用の器具(ブレード)を使い筋膜を剥がしていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:鈴木 詩織(すずき しおり)
誕生日→8月10日
血液型→B型
趣味→フットサル・ボウリング
仲間とワイワイお酒を飲むこと
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:瑞江駅南口整骨院
住所〒132-0011 東京都江戸川区瑞江2-1-22
最寄:都営新宿線 瑞江駅南口 徒歩1分
瑞江駅南口ロータリーを出て右に行くとドンキホーテがあり、そのまま道なりに進むと宝くじ売り場。その横が当院です。
駐車場
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院 公式SNSアカウント 瑞江駅南口整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】瑞江駅南口整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中